個人サークルKITYのWEBサイトです。「弱い子どもたちの最期まで」をテーマとしたノベルゲームを制作しています。

もみじ色の子どもたち

  • HOME »
  • もみじ色の子どもたち

〇あらすじ
ナイス・パーソンと呼ばれるものたちによって占領統治された町で、
少女・優生(ゆき)は日々、退廃的な生活を送っている。

男たちに近づいては、ブレザーの内ポケットに隠された拳銃で殺害し、
生き延びるために必要なドラッグと水を得る毎日。

そんな優生の前に、百合子という少女が現れる。
灰色の町での、2人の少女の最期までを描いたストーリー。

〇概要
・テーマ:弱い子どもたちの最期まで
・ジャンル:ノベルゲーム
・プレイ時間:40分程度
・少女の1人称で物語が進みます

〇制作時期
・2014年

〇初頒布イベント
・サンシャインクリエイション(2014年秋)

〇登場人物

・優生

優生の画像です

水とクスリをもとめてさまよう少女

 

・百合子、カエデ、ユカ

他キャラの画像です

もみじ色のこどもたち

〇ダウンロードサイト様

夢現様
ふりーむ様

〇つれづれ
2010年に最初のゲーム「学級日誌」の体験版をつくり、
コミケで頒布した後、
2011年、2012年のコミケで完全版を頒布しました。
しかし、その後数年間、何もつくることができませんでした。

色々な事情があったのですが、そのひとつにスクリプトができる人がいなかった、という点があります。
もともと当サークルには、スクリプトを担当してくれていた友だちがいましたが、 制作をつづけることが難しくなりました。

誤解を恐れずに言えば、立ち絵やBGM、背景はフリー素材で充当できます。
しかし、スクリプトだけはどうしても誰かがやらなければなりません。
(当然のことですが)

でも、何とかしてノベルゲームを作りたいと思い、
仕事の傍ら、WEBサイトや本を観ながら、勉強をしてみました。

まったく動きません。
音楽は鳴らないし、セーブはできないし、OP画面も作動しません。
この作品は、サンシャインクリエイションでの頒布を考えていましたが、
もうやめようかと思いました。

当時は、転職に失敗したと感じながら毎日を過ごしており、
ゲーム制作をやっていられるような状況ではありませんでした。

それでも、何とかかんとかつくることができました。
つたないものですが、はじめてウインドウ画面の中に
セリフを入れられるようになったときは、 震えました。
(大げさだと思いますが、本当にうれしかった…)

ひとりだけでつくった、手作り感満載のゲームですが、
40分くらいで終わりますので、
ゆったりとプレイしてみていただけるとうれしいです。

PAGETOP
Copyright © 学級日誌 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.